女性

暮らしやすい住宅探しは不動産会社に依頼しよう|理想の物件発見!

借金返済のための売却

紙幣

ローンのある不動産を売却

ローンのある不動産を売却することは、さまざまな手続きを経て行う必要があります。これはローンで不動産を購入した際には不動産に抵当権が設定されるためです。抵当権が存在する以上、抵当権付きで不動産を買取ってくれる人などほとんどいませんから、売却することは困難です。一方でローンの支払いが不能になった場合に、その不動産を売却する方法のひとつが任意売却です。これはローンを貸し付けている銀行などの許可を得て売却するというものです。通常、ローンの支払いが行われなくなった場合には、いずれ差し押さえとなり競売になってしまいますが、競売の場合には市場価格よりも低い価格で売却されるので、より多くのローンが残ることになります。この点で任意売却は通常の売却の手続きで行われるので競売よりも高い値段で売却することができ、場合によってはローンの相殺も可能です。特に東京など土地に対する価値が高い地域ではそのチャンスも増えます。

売却で借金返済できるのか

任意売却のメリットは競売よりも高い価格で売却することができるということです。実際に任意売却で借金が完済できるほどの価格で売却できるケースは極めて稀ですが、競売よりは高い価格で売却することは出来るため、残ってしまう借金を減らすことが出来ます。特に東京の場合には土地の流動性が高いため東京特別区内やその周辺の人気のエリアであれば、高い価格で売却することができます。また任意売却でもローンを組む際に頭金を多く入れている場合などは借金を相殺できる可能性も高まるため借金を完済することが可能です。ただ任意売却では仲介業者の良し悪しによってその結果が大きく変わってきます。東京の場合には多くの業者があるため、選択肢が豊富ですが、その分業者選びには慎重である必要があります。